犬の美容室「ウタタイヌ」のアル一日。 のんびり、ゆったり、1頭1頭と向き合う、いちトリマーの生活。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディオ君
2011年04月15日 (金) | 編集 |


昨日、いつも来てくれているお客様からお電話がありました。


「ディオ君が事故で亡くなった。」と、、。



たまたま、「もうそろそろかな~」と思っていたので、
電話があった時は
予約の電話だと思ってたんですが、、(涙)


いつももう一匹の相棒のプードルのモカちゃんと
一緒にきてくれていたディオ君。


ディオ君は、初めはトリミングがとっても苦手で、

なかなか心を開いてくれなくて、
はさみにむかって、噛もうとしたりして大変危なかったのですが、


話かけて、


休憩したり、

痛くないようにこころがけたりして

とても時間をかけてトリミングしていたら、、


最近じゃ、台の上でウタタネするくらいリラックスして
安心して私にお任せしてくれるようになっていたディオ君。


心を開いてくれたことに

とっても感動していたんですが、


お母さんから電話で、

亡くなったと聞いて、

大変ショックを受けました、、。


とても頭のいい子だったので、
自分で玄関の戸をあけてしまったとのことでした、、。


だけど、お母さんのほうが自分のせいでと、、
責めてしまっていることが私には辛くて、
決してそうではないことをお伝えしました、、。


だれにでもありうることです。


私も先日自分の犬が脱走していて、
運よく、
近所の方に保護されたばっかりだったのです。


わんちゃんはどうしても飼い主さんを追いかけてしまいます。

だからこそ気を付けなければいけないんですが、
ほんの些細なことがきっかけになってしまうことがあるのも
悲しいけれど本当です。



モカちゃんは無事だったので、
どうかお母さんの悲しみと自責の念を癒してくれるように
モカちゃんにお願いしようと思います。


ディオちゃんに会えなくなったのがとてもさみしいですが、
心からご冥福をお祈りしたいと思います。


ディオちゃん、
最初は怖くて仕方なかったトリミングを
怖くないものだと理解し、
私に心を開いて任せてくれたこと、本当に感謝しています。
とっても嬉しかったです。
ありがとう。
安らかに眠ってください。忘れないよ。


ディオ君

ディオ

ディオ2



ちょうど写真の順番がディオ君でした、、涙

アップ遅れてごめんねディオ君。







スポンサーサイト
テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。